警備員で頑張る日々の記録


by cjbbluob22
 京都大は5日、人工多能性幹(iPS)細胞の研究機関「iPS細胞研究センター(CiRA)」を4月1日付で、「iPS細胞研究所」に格上げすると発表した。所長には同センター長の山中伸弥教授が就任する予定。
 吉田キャンパス南部構内(京都市左京区)に46億8000万円をかけて建設した研究棟を拠点とする。スタッフは教職員、研究員など約120人で、18グループに分かれ、iPS細胞樹立技術の最適化や分化誘導法の確立、臨床応用に必要な法的規制整備などをテーマに研究を進める。 

【関連ニュース】
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
本人皮膚細胞でiPS培養=安全性向上に期待
心筋だけ選別、効率良く移植=マウスやヒト万能細胞で技術開発
「日本の未来は」と憂慮=科技予算削減にiPS細胞の山中教授
iPS細胞の特許、新たに2件=京大

総理大臣賞に金沢・東浅川小=マイタウンマップ・コンクール(時事通信)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)
阿久根市長 「マスコミ入室している」議会出席を拒否(毎日新聞)
前原国交相、気象庁に「謝罪には当たらない」 津波の過大予測問題で(産経新聞)
<フィギュア>小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国(毎日新聞)
[PR]
# by cjbbluob22 | 2010-03-06 03:03
 24日午後10時ごろ、神奈川県相模原市相模大野7、高田幹夫さん(64)方で、妻江美子さん(62)がリビングで倒れて死亡しているのを帰宅した長女(37)が発見、110番した。県警相模原南署の調べでは、遺体の首に絞められたような跡があり、テーブルに「ごめんね パパママより」と書かれたメモが残されていた。同署は高田さん夫婦が無理心中を図った可能性があるとして、所在が分からなくなっている高田さんを捜している。

 相模原南署によると、遺体は普段着姿で、タオルケットが掛けられていた。浴室で血のついたタオル1枚が見つかったが、江美子さんに外傷はなかった。高田さん方は夫婦と長女の3人暮らし。【吉住遊、高橋直純】

【関連ニュース】
男女死亡:78歳妻を殺害後に自殺か…埼玉
無理心中:水頭症の長女を絞殺し父自殺か 愛知・小牧
無理心中:妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪
無理心中?:37歳男性と3歳長女死亡−−山形村 /長野
市民in法廷:裁判員裁判 認知症の妻絞殺、夫に猶予判決「人ごとでない」 /東京

「俺時計」、果たして「美人時計」超えるか?(産経新聞)
「麻生さん入った風呂はイヤ」 首相公邸改修乱れ飛ぶ憶測(J-CASTニュース)
地震 沖縄で震度5弱=午前5時31分 10センチの津波(毎日新聞)
<津波>太平洋沿岸、東海地方まで警報を注意報に…気象庁(毎日新聞)
中日ネルソン投手を逮捕=空港で実弾所持−沖縄県警(時事通信)
[PR]
# by cjbbluob22 | 2010-03-04 09:24
 郵便不正事件で、障害者団体の偽証明書発行に絡み、検察側が厚生労働省側に協力の口添えをしたと指摘している石井一・民主党参院議員は25日、大阪市内であった後援会の会合で、「何の覚えもない」と話した。また、記者団の取材にも「厚生労働なんて関係したこともない。何で(私が)電話をかけるのか」と口添えを明確に否定した。

 検察側主張では、石井議員は、障害者団体側から依頼され、厚労省元部長に電話で証明書発行を要請したとされる。発行に関与したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚労省元局長、村木厚子被告(54)の公判に3月4日、証人出廷する。

 一方、村木被告の公判が25日、大阪地裁であり、偽証明書を作成したとされる元係長、上村勉被告(40)が証人出廷。起訴直前、検事から要求されて反省文を書いたことを明かし、「村木被告の指示を書かなかったら、検事から怒られて書き直した。拘置が続くと思い逆らえなかった」と証言した。

【関連ニュース】
郵便不正:元係長が村木被告の指示否定 大阪地裁
郵便不正事件:石井議員との「面会記憶ない」と元記者証言
郵便不正:村木元局長の指示否定、上村被告前任の元係長
郵便不正事件:厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判
野党:民主党の石井選対委員長「チベット発言」を一斉批判

整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)
高齢者が7割、過去最高=点検商法・押し売りの被害−食品偽装も最多・警察庁(時事通信)
<赤松農相>諫早湾開門調査、省内に委員会設置し検討(毎日新聞)
自動小銃
福岡県町村会裏金、広がる接待汚染…新たに3人(読売新聞)
[PR]
# by cjbbluob22 | 2010-03-03 02:05
 チリ巨大地震で17年ぶりの大津波警報を出した気象庁。2月27日の地震発生当初は津波の規模を比較的小さくみていたが、緻密(ちみつ)なシミュレーションで警報レベルを上げた。実際にそのレベルまでの津波は到達しない見通しだが、「安全を考え、一番大きくなることを想定した」と説明した。

 「3メートル以上の津波は大津波警報として発表されます」。チリでの地震発生の一報から一夜明けた28日午前8時半、東京・大手町の気象庁の会見室。地震津波監視課の関田康雄課長は大勢の報道陣にこう述べた。

 27日夜の会見では「津波は1メートルぐらい」としていた関田課長。関係者によると、想定が覆ったのは28日未明だったという。

 当初、気象庁は今回の地震の規模をマグニチュード(M)8・6と計算。その数値に基づき津波規模をシミュレーションしていた。

 しかし、時間の経過とともに集まってきた各地の津波観測データとシミュレーション結果を照合したところ、米地質調査所が計算したM8・8という数値を用いた方が現実のデータに近いと判断。改めてシミュレーションし、大津波警報に至った。「周囲は思わず殺気だった」と同課の職員は振り返った。

                   ◇

 ◆湾奥部では3メートルも?

 東大地震研究所・佐竹健治教授の話 「1960(昭和35)年のチリ地震に比べると今回の地震は規模が小さいため津波も小さいが、津波の継続時間は規模と無関係。1日の昼過ぎまでは警戒が必要だ。青森県や宮城県では波高3メートル以上の大津波警報が出たのに実際の津波が小さかったのは、気象庁の検潮所がリアス式海岸で波高が最も高くなる湾奥部になかったから。湾奥部では実際にこのような数値が出ていた可能性が高い」

ストーブ消し異臭、児童13人搬送 埼玉・川越の小学校(産経新聞)
12カ月連続の貿易黒字=輸入が15カ月ぶりプラス−1月(時事通信)
<首相公邸>改修費は474万円 鳩山首相の転居時(毎日新聞)
上戸彩さんがドン!圏央道開通記念イベント(読売新聞)
小沢氏「職責を全う」辞任示唆否定(産経新聞)
[PR]
# by cjbbluob22 | 2010-03-01 19:51
 平野博文官房長官は24日の記者会見で、京セラの稲盛和夫名誉会長を25日付で内閣特別顧問に任命すると発表した。稲盛氏は現在、経営再建中の日本航空の最高経営責任者(CEO)を務めている。

【関連記事】
稲盛氏の内閣特別顧問起用に首相「人の生き方教えてくれる」
稲盛氏会長就任のウラ事情 JALとウィルコムの意外な関係
日航の稲盛会長、リストラ明言「人件費に手をつける」
日航、給与5%減 ボーナスゼロを提案 経営破綻1カ月
日本航空 大西賢社長インタビュー 「縦割り組織の弊害なくす」

<厚労省>医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人(毎日新聞)
理科で範囲外から出題=国立高専入試(時事通信)
【土・日曜日に書く】産経デジタル取締役営業本部長・井口文彦(産経新聞)
主要施策初、子ども手当審議入り(産経新聞)
「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請(読売新聞)
[PR]
# by cjbbluob22 | 2010-02-27 16:36